読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミシンが欲しい!

元ミシン売り場の店員がミシン選びについてわかり易く説明します

このブログでは私が手芸屋でミシンを売っていた経験をもとに、様々な機種のミシンを解説します。 ミシン選びのお役に立てれば嬉しいです。

初めてのロックミシンを選ぶなら【JUKI ロックミシン】

 ご家庭での本格的な洋裁に便利なロックミシンを本日はご紹介します。

家庭用ミシンのなかには「かがり縫い」機能のついたミシンもあってロックをかけたような処理ができるものもありますが、布端の処理ならロックミシンに軍配が上がります。
頻繁に布端を処理するような洋裁をされる方はロックミシンをお手元に置いたほうが、やはり便利でキレイに仕上がるのです。

 

「でもお高いんじゃないかしら」
「糸かけが難しいらしい」
「使いこなせるかしら」

初めてロックミシンを購入するときはこんな心配がでてきます。
私がそうでした。


私は家庭用ミシンとロックミシンは別物というイメージを持っていました。そのため最初は趣味の洋裁なら不要だと思っていましたが、実際に自分でロックミシンを使うようになってからは考えが変わりました。

趣味の洋裁とはいえロックミシンを使うとプロのような美しい仕上がりになるのです。布端の処理が違うだけで、ご家庭での洋裁の幅が広がります。
それ以降、私はことあるごとにロックミシンをお薦めしています。

購入を迷っている方は、ぜひ記事を読んでいただいてご検討くださいね。

 

ジューキ ロックミシン  MO-113

 

 ロックミシンの初心者さんなら、こちらのミシンが使いやすいと思います。1本針、3本糸のタイプです。

実は、本格的な洋裁を習っていた方は2本針4本糸のタイプのロックミシンを選ぶことが多いです。実際に1本針のタイプと2本針のタイプでは見た目の仕上がりも違います。

しかし、見た目で「ああ、1本針3本糸だな」とわかるのは本格的な洋裁知識のある方で、一般的には仕上がりを見てもわからない方のほうが圧倒的に多いのが実情です。

糸と針が多いということは糸かけも多く、複雑になるということなので、初めてロックミシンを扱う方には1本針3本糸のロックミシンがいいと思います。お値段も手ごろで、なにより気軽に使えるのがいいですね。

必要な機能は十分揃っていますので趣味の範囲で使うならMO-113がお薦めです。

ミシンジャパンは電話対応もよく、ミシンについて丁寧に教えてくれるので安心して購入できるネットショップです。

 

JUKI オーバーロックミシン MO-03D

JUKI 1本針3本糸差動送り付きオーバーロックミシン MO-03D

JUKI 1本針3本糸差動送り付きオーバーロックミシン MO-03D

 

 

こちらも1本針3本糸のタイプのロックミシンです。私はこちらのロックミシンを使用しています。少し古い型なんですが、なんといってもお値段が安いのが購入した決め手です。非常にコンパクトなので、作業台にミシンを2台並べても邪魔になりません。低価格ながら機能は十分揃っているので満足できるミシンですね。

 糸かけは古いロックミシンに比べると簡単になったと言えるかもしれませんが、やはり慣れるまではそれなりに複雑に感じます。そのため私は常に糸かけ手順表を手元に置いて必要な時にすぐに出せるようにしています。

私はAmazonでこちらのミシンを購入しましたが、ロックミシンに自信のない方は問い合わせにきちんと応じてくれるお店で購入するべきだと思います。Amazonで購入すると少しその点に難がありますのでご注意ください。 

 

ジューキ  ロックミシン MO114D

 

こちらが2本針4本糸のタイプです。本格的な洋裁をされる方には2本針4本糸のロックミシンがいいと思いますが、1本針と2本針の違いがわからない方は1本針3本糸のロックミシンを選んだほうがいいです。

お値段も手ごろで揺れも気にならないので、ご家庭での本格的な洋裁にも対応できます。やはり1本針のロックと比べると仕上がりの美しさは違います。

 

ロックミシンお薦め対象

洋裁を始めた方
初めてロックミシンを選ぶ方
ご家庭で気軽に使いたい方
お子様のお洋服等を作っていらっしゃる方
古いロックミシンからの買い替えを検討されている方
そんなにいろんなものを縫うわけではないけれど、布端の処理をキレイに素早く仕上げたい方。

 

ロックミシンお薦めポイント

手頃なお値段で使い倒せるのがお薦めポイントです。

家庭用のかがり縫いの機能でもそれなりの仕上がりなのですが、ロックミシンを使うと本当に仕上がりが綺麗で処理が早い。1本針のタイプでも通常のミシンの端処理とは比べようもないほどキレイに仕上がります。格段の差です。

従来のロックミシンは高価なものが多く、作業も複雑で素人には手を出しづらいイメージがありましたが、今のロックミシンは価格を抑えながら機能も充実していますし、何よりも糸かけなどの準備が本当に簡単になりました。

家庭用ミシンの針をロックミシンに使用できるのも使いやすいポイントです。備品をいろいろ揃えずに済みますね。

今現在、ネットで販売されているロックミシンのほとんどは白い糸をかけた状態のままで配送されてきます。糸かけをしないで、すぐに縫い始められるのがいいですね。

ロックミシンのデメリット

昔に比べ糸かけが格段に簡単になりましたが、それでもやはり初めて使う方には複雑に感じると思います。特に初めての糸かけは難解で何度糸をかけ直しても糸がツレてしまうこともあります。

うまく糸がかけられず、すぐに「ミシン壊れてんじゃないの(怒)」と頭にくるような方がロックミシンを使うのは無理です。

 

なぜ糸をかけた状態のままロックミシンが配送されるのか

正しい糸かけをした状態で配送することで「このロックミシンは壊れていませんよ」ということを購入者に理解してもらうためです。それほどロックミシン購入者は、自分の糸かけが間違えているのに「ミシンが壊れている・おかしい」と怒る場合が多いのです。

だから不要なクレームとならないように、最初に正しい糸かけで正常に動いていることを購入者に納得してもらうため、最初に糸をかけた状態で配送するのです。(試し縫いとしてロックをかけた布が同梱されている場合が多いですよね。)

 

まとめ

きちんと説明書を読んでから使うことが大切です。しかし使いこなせれば洋裁の幅が広がり、プロ並みの仕上がりを楽しむことができます。ご自分の腕に自信がつくはずです。

高価なロックミシンには憧れますが、使いこなせない方も多いです。
初めての1台は使って使って使い倒すつもりで、手頃な価格のロックミシンを購入されたほうがいいと思います。慣れるまでは必ず説明書を手元に置いて使用してください。

またニットを処理したい方は、ニットの処理に向かないロックミシンも稀にありますのでよく機能を確認してから購入してください。

 

以上、JUKI(ジューキ)のロックミシンをご紹介しました。

 

JUKI関連記事

cyancy.hatenablog.jp

 

ロックミシン関連本

いちばんよくわかるロックミシンの本

いちばんよくわかるロックミシンの本

 
muniのロックミシンで作るこども服 (Heart Warming Life Series)

muniのロックミシンで作るこども服 (Heart Warming Life Series)