読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミシンが欲しい!

元ミシン売り場の店員がミシン選びについてわかり易く説明します

このブログでは私が手芸屋でミシンを売っていた経験をもとに、様々な機種のミシンを解説します。 ミシン選びのお役に立てれば嬉しいです。

ミシンの保証期間とミシンの劣化についての話

ミシンコラム

ミシンは電化製品です。もちろん保証期間があります。
ミシンの保証期間は1年の場合がほとんどですが、今ではネット販売店を中心に3年~5年保証というところも出てきました。今日は勘違いしやすいミシンの保証期間・ミシンの経年劣化についてお話したいと思います。

 

ミシンの保証期間についてのお話

この保証期間が3年とか5年というのはミシン本体の保証期間で、よくよくネットショップの注意事項を読むと電子部品・電子基板等の保証期間は1年と指定されていますので注意してください。

電子部品等の保証期間が1年というのは、使用してもしなくても時間とともに劣化してしまう部品があるからです。

よくある例を出しましょう。
例えばミシンを購入して一度も使わずに1年経過。ようやくミシンを使ってみたらミシンが動かない。調べてもらったら電子部品が劣化していた。という場合、故障は部品の劣化による故障で保証対象ではありません。 

cyancy.hatenablog.jp

 

 

ミシンの劣化についてのお話

イチバン親切なソーイングの教科書

イチバン親切なソーイングの教科書

 

 1万円もしないようなお手頃価格のミシンはだいたい2~3年も経つと調子が悪くなるものがあります。(機種にもよります)

それはミシンの針の軸であるシャフトを支える部品等、力のかかる部分にプラスチックを使用して作られたりしているせいで、ミシンの軸がプラスチックの劣化により少しずつズレていくからです。こうなると糸調子もミシンのかけ具合も非常に悪くなります。

これについては悪い面ばかりではなく、プラスチックを使用することにより軽量化・低価格化がすすむというメリットもあるでしょう。
もちろん最近の今現在の低価格ミシンは劣化も少なくパワフルで厚物も楽に縫えるモノが多いです。より低価格、よりパワフルで使いやすい、という点からみると低価格ミシンは普段使いするぶんには何の問題もありません。

しかしミシンを酷使するような縫製、例えばデニム・タオル地・キルティングや帆布などを中心にミシンで縫製をされる方には重くて丈夫な職業用ミシンが適しています。 

cyancy.hatenablog.jp

 

いずれにせよ、ミシンはいずれ劣化します。使わなくても劣化します。経年劣化というのは避けられません。
ただ、縫製内容に適したミシンを選ぶことにより、長く快適にミシンを使用することができるはずです。

作りたいものに合わせて、適したミシンを選んで購入されることをお薦めいたします。

関連記事 

cyancy.hatenablog.jp

 

ミシンの機種については以下のページからどうぞ

cyancy.hatenablog.jp