ミシンが欲しい!

元ミシン売り場の店員がミシン選びについてわかり易く説明します

このブログでは私が手芸屋でミシンを売っていた経験をもとに、様々な機種のミシンを解説します。 ミシン選びのお役に立てれば嬉しいです。

初心者ならブラザー A39-MM 電子ミシン

普段、あまりミシンを使わない方にお薦めです。

機能がシンプルで必要最低限です。

機能がシンプルということは、わかり易く使いやすい、ということです。初めて使う方も安心ですね。

例えば、お子様のバッグ類、ご家庭での布巾や雑巾縫いなど日常的なお裁縫ならこちらで充分です。

 

ブラザー A39-MM 電子ミシン

お薦め対象

お裁縫は好きじゃないけどとりあえず必要になったから買う、という方

お子様がミシンに興味がでてきたのでお子様用にミシンを買う、という方

説明書を端から端まで読むのがイヤな方←コレ、大事ね(/ω\)

 

A39-MM 電子ミシンのお薦めポイント

基本の機能のみのシンプル設計だから取り扱いがシンプルで簡単! 

お値段お手頃!

 

初心者さんやミシンが苦手な方はブラザーが使いやすいと思います。

お子様の入園入学グッズ等の手作りだったら、こちらのミシンで充分対応できます。

 

私がブラザーのミシンで使いやすいと特に感じているのは下糸クイック機能です。

他機種のミシンですと、下糸をセットする際、針を一度下に下げて下糸を引き出す手間がかかりますが、ブラザーは違います。

下糸をセットしたら、下糸の糸の先を矢印にそって引っ張って、糸をカットします。これでセット完了。下糸を引き出す手間がありません。

たいしたことのない機能と思われるかもしれませんが、この機能は秀逸です。

実際、下糸クイックの無い他機種ミシンを使い比べると、この下糸をわざわざ引き出すという、なんでもない作業がとても作業効率を悪くしているのに気づきます。

 

A39-MM 電子ミシンのデメリット

糸の針目(縫い目の粗さ)を好きな幅に変えることができません。

↑気にならない方も多いです

ギャザーをよせてフリルを作りたい等のこまやかなお裁縫にはむきません。

 

まとめ

たまにミシンを引っ張り出してきて、「あれ、コレの使い方、どうだっけ?」と説明書を」探すのも面倒です。

日常のなんでもない簡単なお裁縫なら、ミシンの準備に手間をかけたくありませんね。

必要最低限の機能でシンプルに手早くミシンをかけるのが、ミシンを嫌いにならないポイントです。

初心者さんはシンプル機能でミシンを使いこなすことから始めましょう。

 

以上、ブラザー A39-MM 電子ミシンをご紹介しました。 

初めてのコンピューターミシンならこちらが絶対お薦めです

お値段も今回ご紹介した電子ミシンと本体価格がかわりません。ぜひご覧になって比べてみてください。

cyancy.hatenablog.jp

 

入園入学グッズ作りに必要な布やネームシートはこちらをどうぞ

cyancy.hatenablog.jp

オシャレなデザインで選ぶならこちらのミシンもお薦め