ミシンが欲しい!

元ミシン売り場の店員がミシン選びについてわかり易く説明します

このブログでは私が手芸屋でミシンを売っていた経験をもとに、様々な機種のミシンを解説します。 ミシン選びのお役に立てれば嬉しいです。

ハンサムミシンならアイシン SP-10 電子ミシン

2017年8月31日記事更新

生活に溶け込むスタイリッシュなミシンなら アイシンSP-10

インテリア性重視のオシャレさんにお薦めです。

ビジュアルとしては今までにないハンサムミシンだと思います。

 

機能面では、例えば、お子様のバッグ類、ご家庭での布巾や雑巾縫いなど日常的なお裁縫ならこちらで充分です。ボタンホール等、一通りの機能はついていますので、気が向いてお洋服、とかいう場合にも対応できます。

 

アイシン SP-10 電子ミシン

 

画像から販売サイトに行けます。

画像はセサミブラック(SPD15B-GY)です。

販売価格:23,600円(税込 25,488円)

アイシンは車や精密機器の部品メーカーです。

部品の性能と強さがスバラシイ。

通常のミシンメーカーの格安ミシンでは、価格を下げるために部品を支えるパーツにプラスチックを使用することが多いので、性能とミシンの動力の強さが劣ります。1年も経つと使い物にならなくなるのはそのためです。アイシンなら部品メーカーとしての信頼と実績があるので安心ですね。

 

お薦め対象

ミシン初心者さん

インテリア要素をミシンにも求めるオシャレ上手さん

バッグ類等、簡単な手芸を楽しみたい方

 

販売サイトは「笑顔のたまご」です

 

SP-10のお薦めポイント

カラーバリエーションが豊富で、とにかくオシャレです。

お色は

セサミブラック、ショコラブラウン、マシュマロホワイトの3カラー。

ミシンの概念を覆した、カッコイイハンサムミシン。

ちょっぴりレトロなデザインも良い。

最近ではシンガーやジャノメでも、レトロな外見のミシンを発表していますが完全に後追いの感があります。

今どきのオシャレなご家庭のインテリアに馴染むデザインが素敵ですね。

見た目からはいるのもアリです。

 

SP-10のデメリット

糸の針目(縫い目の粗さ)を好きな幅に変えることができません。

↑気にならない方も多いと思います

 

ギャザーをよせてフリルを作る等の細やかな作業はこのミシンではできません。

(↑これはギャザー用の専用のテープを購入してミシンに縫い付ければ簡単にギャザーを寄せることができますので問題ないと思います)

 

ちなみに同じデザインのミシンで細やかな作業をしたい手芸好きさんにはSP-20がお薦めです。 

cyancy.hatenablog.jp

 

まとめ

ステキなデザインのミシンを選べば作業も楽しさ倍増です。

通常のミシンの機能は全て網羅していますので、お子様のお洋服だって問題なく作れます。ミシンを使う楽しさに加え、ミシンを眺める嬉しさも楽しめますね。

画像はショコラブラウン(SPD15B-BR)です

画像から販売サイトへ行けます

販売価格:23,600円(税込 25,488円)

 

以上、アイシン SP-10をご紹介しました。

 

なお、シンプルな機能でパワフルさを求めるなら垂直釜という選択肢もあります。
価格10,800円(税込)で電動式のミシンはこちらをご覧ください 

cyancy.hatenablog.jp

 

入園入学グッズ作りに必要な布やネームシートはこちらをどうぞ

shugei.hatenablog.com